FIRMUM / ノーカラービッグコート

 

春と秋に着る、単衣のコートが好きです。

 

 

中に着るもの次第で色々な着方が楽しめるし、冬の防寒着ほど重くも仰々しくもなく、サッと着られるところがいい。

 

たくさん着て多少くたびれてきても、気にもならないところもいい。

 

何よりコートを着るとやっぱり格好いいです。男性も女性も。

 

 

だからコートを着られる時にはコートを着ていたい。

 

この秋は単衣のコートを着て過ごす時期が長そうで嬉しいです。

 

 

 

 

 

IMG_7777.JPG

 

IMG_7778.JPG

 

IMG_7780.JPG

 

FIRMUM / No collar big coat

 

Price ¥29,500 + tax

 

Size / XS

 

Color / Gray top

 

 

IMG_7782.JPG

 

 

 

 

 

FIRMUM のノーカラーコート。

 

 

ウエストポイント、通称ウエポンとも呼ばれる、超高密度に織られた生地です。

 

張りがあり、ボリューム感が出やすいこの生地の特徴を活かしたビッグシルエット。

 

ガバッと大きく着る感じがより強調された、とてもかわいいコートです。

 

 

ウエポンは本来ワークウェア等に使用される事の多い生地で、取り扱いもイージー。

 

気兼ねなく着て頂けるという利点もあります。

 

 

 

 

 

IMG_7733.JPG

 

Coat / FIRMUM

 

Tops / FIRMUM

 

Shoes / SANDERS

 

 

IMG_7743.JPG

 

 

 

 

 

 

 

FIRMUM は NO CONTROL AIR の姉妹ブランドという位置づけであり、

 

双方を比較してみると、雰囲気は似ていながら FIRMUM は素材使いがややカジュアル。

 

FIRMUM が立ち上がって数シーズンは、敢えて NO CONTROL AIR と区別する理由が分からず戸惑いましたが、今ではそれぞれの持ち味の違いがよく分かります。

 

ブランドとしてしっかりと区別する事で、デザイナーの表現したい方向性がそれぞれに明確となったように感じます。

 

 

襟が無い事もあってか、あまりコート然としておらず、割と早い季節から気軽に羽織って頂けそうです。

 

すでに動きのあるコートですので、気になりましたらぜひお早めに見にいらしてください。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


crepuscule / 鹿の子ニット長袖プルオーバー

 

夏には同じ素材の半袖を散々着たくせに、長袖もまた個人買い。

 

それでも飽きるどころか、試着してみて「やっぱりいい」とニヤニヤしてしまいます。

 

crepuscule のニットには、本当に不思議な魅力があります。

 

 

 

 

 

 

IMG_7608.JPG

 

IMG_7611.JPG

 

IMG_7618.JPG

 

crepuscule / Moss stitch long sleeve

 

Price ¥16,000 + tax

 

Size / Unisex 1 , 2

 

Color / Beige , Charcoal gray

 

 

 

IMG_7619.JPG

 

IMG_7624.JPG

 

IMG_7625.JPG

 

IMG_7581.JPG

 

Tops / crepuscule

 

Bottom / NO CONTROL AIR

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

 

IMG_7596.JPG

 

IMG_7600.JPG

 

IMG_7606.JPG

 

 

 

 

 

crepuscule 定番、度詰め鹿の子ニットのプルオーバー。

 

 

カットソーのようにもスウェットのようにも、自由な解釈で着る事のできる厚さの、タフな素材です。

 

それでいてニット特有の品の良さを備え、大人のデイリーな一枚着に最適だと思います。

 

 

秋口から着られて冬はアウターの中に、そして春と、長いシーズンに渡ってのヘビーユースが確実な一枚。

 

この良さはぜひ皆さまに知って頂きたいです。

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 

 


9年

 

先日この BLOG でも少し触れたように、今日で店をはじめて丸9年が経ちます。

 

これもひとえにいつもご来店くださる皆さまのお陰だと、ただただ感謝するばかりです。

 

 

はじめの数年は一周年毎にその事を謳っていたものですが、いつしかそれもしなくなり、最近ではお客さまに「おめでとう」と言って頂いてから気付くような始末。

 

店を続ける事が、すっかりと生活になったという事なのだろうと思っています。

 

10年目の明日からも特に何も変わるつもりはありませんが、数年後に振り返った時には、良い方向に変わる事ができたなと、そんな風に思えるペースでやっていこうと思います。

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

DIMPLE

 

 

 

 

IMG_7462.JPG

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


VIEILLE

 

装いについて語られる時に使う常套句、お洒落は足元から。

 

この言葉について異論のある訳では無いのですが、最近思う事があります。

 

それは、この言葉は主にフォーマル、とまではいかないとしても少しかしこまって他人と会うような、ある程度きちんとした場面での装いについて言っているのではないかという事。

 

 

普段の装いを楽しむにも、靴はとても重要です。装いは靴で良くも台無しにもなります。

 

でも、普段の装いについて言えば、敢えてチープなスニーカーを履くのが良い時もあったりして、「お洒落は足元から」という言い方から連想する靴に対しての一種の仰々しさのようなものが、何だかしっくりきません。

 

昔と比べてファッションが自由になっている現代では、装いで自分をどのように表現したいのか、それによって様々な選択があると思います。

 

 

しかし繰り返しになりますが、お洒落を楽しむならいつだって靴はとても重要です。

 

靴が合っていなくては、格好良くはなりません。

 

だから、こう言い換えたらどうでしょうか。

 

お洒落は足元「まで」。

 

結局のところ、大切なのは全体のバランス、抜き差しなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

IMG_7349.JPG

 

IMG_7350.JPG

 

IMG_7355.JPG

 

 

 

 

 

そう考えると、「これさえあれば大丈夫」という魔法のような靴はなかなかあり得ません。

 

だから自分達の提案は、それぞれのシチュエーションに合わせた靴を、少しずつ揃えて頂く事。

 

その為に、次々と新しい靴を取り扱うのではなく、スニーカーなら、革靴なら、とずっと変わらずにおすすめのできる靴を集めてきたつもりです。

 

そして今シーズンは、これまで欠けていた部分にピタリとはまる靴をご紹介する事ができます。

 

 

神戸のアトリエで職人の手によって丁寧につくられる靴、VIEILLE(ヴィエイユ)。

 

 

 

 

 

 

IMG_7359.JPG

 

IMG_7362.JPG

 

VIEILLE / Cinq

 

Price ¥24,000 + tax

 

Size / 36 , 37 , 38 , 39

 

Color / Black

 

 

IMG_7365.JPG

 

IMG_7368.JPG

 

 

 

 

 

履き口のカットが特徴的で美しいフラットパンプス Cinq 。

 

フェミニンな装いにはもちろん、男性的な服に合わせてもバランスの取れる靴です。

 

フォーマルでお使い頂ける靴もご用意したいという思いもあり、選びました。

 

 

 

 

 

IMG_7374.JPG

 

IMG_7379.JPG

 

VIEILLE / Douze

 

Price ¥29,000 + tax

 

Size / 37 , 38 , 39

 

Color / Black

 

 

 

IMG_7380.JPG

 

IMG_7383.JPG

 

IMG_7385.JPG

 

 

 

 

サイドゴアを短くしたようなデザインの Douze 。

 

日常的に履きやすく、スニーカーと短靴の中間を埋めるような靴があれば、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

IMG_7389.JPG

 

 

 

 

どちらも足馴染みの良いゴートレザー(山羊革)。

 

ソールはラバー製でとても穿きやすい靴です。

 

 

ブーツの出番まではまだやや月日があります。

 

この秋に新調する一足に、ぜひご検討ください。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


fabrique en planete terre / コットンリブインナー

 

店をはじめてからもうすぐ9年が経とうとしています。

 

思えばその間、取り扱う品もずいぶんと変わってきました。

 

いつだって、良いものをご紹介したいという気持ちだけは変わりませんでしたが、自分達の好みや服に対する向き合い方が変化するにつれ、自然にそうなったのだと思います。

 

その変化が成長であったのかどうか、お客さまがあってのこの仕事ですので、それは僕が決められることではありません。

 

ただそれでも、成長であると信じてやってきた事は確かです。

 

 

 

 

 

 

IMG_7337.JPG

 

IMG_7335.JPG

 

 

 

 

 

そんな中においても変わらなかったもの。

 

考えてみると、店のオープン以来変わらずに取り扱い続けている品はこれだけでした。

 

9年間ずっとご紹介している fabrique en planete terre のインナー。

 

 

オープン初日から店頭に並んでいた事を覚えています。

 

凄い事なんじゃないか、と思います。

 

周りに並ぶ服が変わっていく中でも、これだけはずーっとある。

 

ベーシックな定番のインナーだから、という理由を差し引いても、多分なかなか凄い事です。

 

仕事柄、膨大な数の服を見てきていますが、これに変わるインナーは未だ見つかりません。

 

 

 

 

 

 

IMG_7314.JPG

 

fabrique en planete terre / Cotton rib inner

 

Price ¥4,900 + tax

 

Size / Lady's free

 

Color / White , Gray , Camel , Khaki , Charcoal , Black

 

 

 

IMG_7324.JPG

 

IMG_7327.JPG

 

IMG_7330.JPG

 

 

 

 

 

とても肌触りのよいテキサスコットンを使用したインナー。

 

丸胴で脇に縫い目が無く、身体に吸い付くようなフィット感です。

 

細身に見えますが抜群に伸び、洗濯による戻りが良いのも特徴です。

 

伸びっぱなしになってしまいがちな袖口には長いリブを付け、繰り返しの使用に耐える耐久性の高さにも定評があります。

 

 

 

 

 

 

IMG_7332.JPG

 

IMG_7320.JPG

 

IMG_7317.JPG

 

IMG_7341.JPG

 

 

 

 

 

 

秋から春先にかけては、何を着るにしても中にはまずこれを着る。

 

そんな風におすすめしています。

 

コットン100%ですが、このインナーを着るととても暖かいのだそうです。

 

化繊系の機能性インナーが苦手な方はぜひお試しください。

 

 

 

今年は新色のキャメル、カーキも加わり、色数豊富です。

 

ずっと扱っていながら、あまりきちんとご紹介した事がありませんでした。

 

良いものはもっと知られて欲しいと思いますので、今年は揃っているうちにご紹介させて頂きます。

 

 

例年寒くなる頃には品薄になってしまいます。

 

ぜひお早めにご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


<< | 2/17PAGES | >>

CATEGORY

ARCHIVES

PROFILE

  • dimple
  • 山形県山形市飯田2-2-7
  • 023-625-7366
  • info@dim-ple.com