curly / ラフィジップパーカ

 

シーズン毎に考える品揃えとはまた別に、かならずご用意するものがあります。

 

例えば無地TEE、インナー、デニム、ジップパーカ、他にもいくつか。

 

 

それらは、トレンド等は関係無くいつも変わらずに必要としている人がいらっしゃると、そう感じているもの。

 

新しさの提案だけでなく、必要なものを必要な時に求めて頂ける事も、店の役割ではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

IMG_8527.JPG

 

 

curly / Raffy zip parka

 

Price ¥16,800 + tax

 

Size / 0

 

Color / Top gray

 

 

 

IMG_8508.JPG

 

IMG_8510.JPG

 

IMG_8519.JPG

 

IMG_8514.JPG

 

IMG_8517.JPG

 

 

 

 

 

そんなベーシックアイテムこそ、常に良い物へとアップデートして品揃えたいと考えています。

 

今季のジップパーカは curly の定番、ラフィジップパーカをご用意致しました。

 

 

curly 設立当初よりつくられ続けているブランドの代名詞的なアイテム。

 

秋冬シーズンは、保温性が高いシープ起毛裏毛生地を使用しています。

 

柔らかくふっくらとした、包み込むような柔らかい着心地が特徴的です。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8213.JPG

 

 

 

 

 

 

curly ならではの素材のクオリティはもちろんですが、個人的に思うこのパーカ最大の特徴は首元のデザイン。

 

通常よりも高い位置までジップを走らせています。

 

 

上まで締めればハイネックのように暖かく、ジップを少し下げた時、開けて羽織った時にはフード元が独特の立ち上がりと綺麗な返り方を見せてくれます。

 

紐が付かないシンプルさと相まって、スポーティなパーカとは一線を画す品の良さを感じます。

 

 

 

 

杢グレーのジップパーカは、一着あれば十分。

 

ただ、きっと一着は持っていた方が良いと思います。

 

お気に入りのパーカにまだ出会えていない方はお試しになってください。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 

 


yarmo / ダスターコート

 

今朝は仕事の前に健康診断へ。

 

いつもよりもずいぶん早い時間に家を出ると、想像以上にひんやりとしている朝の空気。

 

薄手のコートが必要な季節はもう、思いのほかすぐそこまで来ているようです。

 

 

 

 

 

 

IMG_8007.JPG

 

yarmo / Duster coat

 

Price ¥23,000 + tax

 

Size / Unisex 38 , 40

 

Color / Brown , Navy

 

 

 

IMG_7986.JPG

 

IMG_7989.JPG

 

IMG_7994.JPG

 

IMG_7998.JPG

 

IMG_7999.JPG

 

IMG_8005.JPG

 

 

 

 

 

yarmo のダスターコート。

 

今季らしい新色のブラウンとネイビー、2色で入荷しております。

 

 

塵や埃(ダスター)を防ぐための外套であったダスターコートは、ジャケットの上にも楽に羽織れるよう、ゆったりとしたサイズが特徴です。

 

ドロップショルダーで丸みを帯びた流線的なシルエット。

 

良い意味でワークウェアレーベルの yarmo らしからぬ、モダンで都会的な雰囲気に仕上がっていると思います。

 

それでいて手にしやすい価格はワークウェアならでは。

 

 

トータルで考えると、こんな好バランスのコートはなかなか出ないと思っていて、ぜひおすすめしたいお気に入りの一着です。

 

 

 

 

 

 

IMG_7957.JPG

 

IMG_7968.JPG

 

IMG_7973.JPG

 

IMG_7974.JPG

 

IMG_7975.JPG

 

IMG_7976.JPG

 

IMG_7958.JPG

 

 

 

 

 

 

ガバッと大きめに着た時に出る動きがかっこいいです。

 

 

今回は僕が着用していますが、女性にもおすすめしているユニセックスのコートになります。

 

むしろ初見の時には、肩落ちのデザインといい、特にレディースで提案したいと考えていた程に女性が着るのも良い雰囲気です。

 

 

普段にはもちろん、通勤用のコートとしてお求め頂く方も。

 

今季は秋のコートを新調する予定が無かったとしても、いいなと思ったら割と気軽に選ぶ事のできる価格もやはり魅力的です。

 

 

週末お待ちしております。

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 

 


A VONTADE / 作務衣


子供の頃は、忍者だの侍だのをかっこいいと思って真似ばかりしていました。

 

いつからか欧米的な価値観への憧れの方が強くなると、日本的なものに対して拒絶とまではいかないまでも、

 

少なくとも「かっこいい」という感覚を覚える事は少なくなっていました。


これは僕に限らず、多分割と一般的な感覚のような気がするのですが、どうでしょうか。

 


ところがここ数年、日本の伝統に心惹かれます。


これも恐らくは僕に限った事ではなく、むしろトレンドの一環なのだと思っています。


ただ、そうだとしても、今のこの感覚に従って自らの国の伝統に興味を持ち学ぶきっかけにする事は、悪い事ではないはずです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7911.JPG

 

IMG_7907.JPG

 

A VONTADE / Samue

 

Price  ¥28,000 + tax

 

Color / Black

 

Size / Men's M

 

 

 


日本の伝統的なワークウェアともいえるであろう作務衣。

そのルーツは、禅宗の僧侶が日々の雑事(作務)を行う際に着用した衣なのだそう。


着物の上に着るものであった為、たっぷりとしたサイズ感で袖も太く、自由な感覚でレイヤードしてお使い頂けます。


 

表地は60/40グログラン、襟裏にはライトフリース、身頃裏はトリコットスエード地、袖裏にはポリエステルタフタを使用。

 

現代の素材を用いて機能的にアップデートされた作務衣です。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7901.JPG
 

 

 

 

 


万人受けするようなアイテムでないのは百も承知です。

コーディネート云々を考えたら中々手が出るものではないかもしれません。

でも、何か気になる、という方は結構いるような気がします。

僕もなんだか気になって、とりあえず買ってみました。

 

 

 

 

 

 

IMG_7887.JPG

 

Outer / A VONTADE

 

Tops / crepuscule

 

Bottom / YAECA

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

IMG_7893.JPG

 

IMG_7888.JPG

 

 

 

 


ブランドの提案としては「近所のコンビニからアウトドアまで」。

まさにそんな感じで、難しく考えるよりも「ちょっと何か羽織りたいから」とラフに着る位がちょうど良いのではないでしょうか。

もしかしてすぐには様にならなくても、着続ける事で次第に自分のキャラクターになっていく。

 

落としどころが見えてくる。

 

そんな一着なのでは、と思っています。

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 

 


Americana / ヘビーワッフル裾ラウンドプルオーバー

 

はじめにお知らせがございます。

 

3連休明けの9月19日(火)と20日(水)は、展示会出張の為お休みさせて頂きます。

 

よろしくお願い致します。

 

 

来春夏のオーダーが佳境に入ってきました。

 

既存のブランドはもちろん良いですし、来春は新規のブランドとのお取り組みも多くスタート致します。

 

僕自身、とても楽しみにしているシーズンです。

 

 

 

 

 

 

IMG_7876.JPG

 

IMG_7881.JPG

 

IMG_7878.JPG

 

IMG_7864.JPG

 

Americana / Heavy waffle hem round pullover

 

Price ¥13,000 + tax

 

Size / Lady's free

 

Color / Oatmeal , Charcoal

 

 

 

IMG_7862.JPG

 

IMG_7867.JPG

 

IMG_7870.JPG

 

IMG_7855.JPG

 

IMG_7853.JPG

 

Tops / Americana

 

Bottom / NO CONTROL AIR

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

IMG_7858.JPG

 

 

 

 

 

話は秋に戻って。

 

 

Americana の秋物が色々と入荷致しました。

 

まずご紹介するのは、ヘビーワッフル裾ラウンドプルオーバー。

 

 

形は春にも好評頂いた物のリピートです。

 

今回は秋らしく、よりしっかりとした厚みのワッフル地にアップデートされています。

 

 

デザイナーから聞いたちょっとした裏話。

 

春にリリースした時には、展示会でのバイヤーからのオーダーは今ひとつ。

 

でも、オーダーしたお店の店頭ではお客さまの反応が良く、追加オーダーの希望がとても多かったのだそうです。

 

(当店でもご試着頂いた方にはほぼ100%お買上げ頂きました)

 

その話をしている時に、秋にまたつくる、と約束してくれていました。

 

 

今シーズンはワッフルやサーマルが豊作です。

 

もともと大好きな生地。良い物を見つけたらオーダーしない訳にはいきません。

 

色々ご用意しております。ぜひ着比べてみてください。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


FIRMUM / アムンゼンニットプルオーバー

 

 

IMG_7830.JPG

 

IMG_7827.JPG

 

FIRMUM / Amundsen knit pullover

 

Price ¥8,800 + tax

 

Size / Lady's 38

 

Color / Gray top , Mid night , Charcoal gray top

 

 

 

IMG_7835.JPG

 

IMG_7838.JPG

 

IMG_7844.JPG

 

 

 

 

 

表面の凹凸感が特徴の、アムンゼン調のジャガード編み。

 

ふっくらと柔らかな生地感で着心地がよく、天竺ほどTEEシャツ然としない大人っぽさが良い塩梅のプルオーバー。

 

このブランド独特のネックラインは、開き過ぎる事なくデコルテを綺麗に見せてくれると評判です。

 


 

 

 

 

IMG_7692.JPG

 

Tops / FIRMUM

 

Bottom / NO CONTROL AIR

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

 

IMG_7693.JPG

 

IMG_7710.JPG

 

 

 

 

 

袖は七分から八分くらいの半端袖。

 

日中は気温が上がり、朝晩はグッと涼しい山形の秋には、細やかな体温調整が必要です。

 

そんな山形の秋の気候には、半端袖が適しているような気がします。

 

 

 

山形の秋、といえば芋煮会。

 

そういえば明日の日本一の芋煮会、台風は大丈夫なのでしょうか。

 

晴れますように、とは欲張り過ぎかもしれませんが、せめて芋煮会が無事行われる位ではあって欲しいですね。

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


YAECA / 60/40クロスフードシャツ

 

10月の秋冬立ち上げを前に、YAECA よりスポットアイテムが入荷致しました。

 

 

とても久しぶりの YAECA からの納品。

 

箱が届くだけで、中身を見る前から気持ちが高まるこの感覚も久しぶりです。

 

 

 

 

 

 

IMG_7760.JPG

 

IMG_7764.JPG

 

YAECA / 60/40 cloth hood shirt

 

Price ¥26,000 + tax

 

Size / Unisex XS , S , M , L

 

Color / Khaki , Navy

 

 

 

IMG_7767.JPG

 

IMG_7770.JPG

 

IMG_7772.JPG

 

 

 

 

 

以前は定番としてリリースされていたフードシャツ。

 

ここ数シーズン、通常のコレクションでは展開がなく、スポットアイテムとして販売されたりされなかったり。

 

個人的にずっと買い逃していましたので、今回リリースの案内を頂いた時は嬉しかったです。

 

もちろん、購入しました。

 

 

生地は60/40クロス。

 

今ではクラシックとも言えるであろう素材で、機能的にもっと優れた素材は沢山あるでしょう。

 

でも、コットンならではのくったりとした表情、経年で味わい深く変化していくところは、この生地だからこそ楽しめるものです。

 

 

コットン60%、ナイロン40%の混紡生地。

 

軽い撥水性を持ち、内側の湿気は外に逃がしてくれます。

 

機能的にも、タウンユースでは十分快適に着用できると思います。

 

 

 

 

 

 

IMG_7788.JPG

 

Outer / YAECA

 

Tops / crepuscule

 

Bottom / FIRMUM

 

Shoes / SANDERS

 

 

 

IMG_7802.JPG

 

IMG_7810.JPG

 

Outer / YAECA

 

Tops / CURLY

 

Bottom / FIRMUM

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

 

IMG_7817.JPG

 

IMG_7824.JPG

 

 

 

 

 

シャツとマウンテンパーカの中間をいくようなアイテムです。

 

極々軽い羽織りものとして着始め、本格的に涼しくなってきたらコートの中にもレイヤードできます。

 

使い勝手の良さは、見た瞬間にどなたでも想像しやすいかと思います。

 

スタイリングでは、身長159cmの妻がXS、180cmの僕はMを着用しています。

 

 

これからの行楽シーズン、お出掛けに持って行くにも最適ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 


FIRMUM / ノーカラービッグコート

 

春と秋に着る、単衣のコートが好きです。

 

 

中に着るもの次第で色々な着方が楽しめるし、冬の防寒着ほど重くも仰々しくもなく、サッと着られるところがいい。

 

たくさん着て多少くたびれてきても、気にもならないところもいい。

 

何よりコートを着るとやっぱり格好いいです。男性も女性も。

 

 

だからコートを着られる時にはコートを着ていたい。

 

この秋は単衣のコートを着て過ごす時期が長そうで嬉しいです。

 

 

 

 

 

IMG_7777.JPG

 

IMG_7778.JPG

 

IMG_7780.JPG

 

FIRMUM / No collar big coat

 

Price ¥29,500 + tax

 

Size / XS

 

Color / Gray top

 

 

IMG_7782.JPG

 

 

 

 

 

FIRMUM のノーカラーコート。

 

 

ウエストポイント、通称ウエポンとも呼ばれる、超高密度に織られた生地です。

 

張りがあり、ボリューム感が出やすいこの生地の特徴を活かしたビッグシルエット。

 

ガバッと大きく着る感じがより強調された、とてもかわいいコートです。

 

 

ウエポンは本来ワークウェア等に使用される事の多い生地で、取り扱いもイージー。

 

気兼ねなく着て頂けるという利点もあります。

 

 

 

 

 

IMG_7733.JPG

 

Coat / FIRMUM

 

Tops / FIRMUM

 

Shoes / SANDERS

 

 

IMG_7743.JPG

 

 

 

 

 

 

 

FIRMUM は NO CONTROL AIR の姉妹ブランドという位置づけであり、

 

双方を比較してみると、雰囲気は似ていながら FIRMUM は素材使いがややカジュアル。

 

FIRMUM が立ち上がって数シーズンは、敢えて NO CONTROL AIR と区別する理由が分からず戸惑いましたが、今ではそれぞれの持ち味の違いがよく分かります。

 

ブランドとしてしっかりと区別する事で、デザイナーの表現したい方向性がそれぞれに明確となったように感じます。

 

 

襟が無い事もあってか、あまりコート然としておらず、割と早い季節から気軽に羽織って頂けそうです。

 

すでに動きのあるコートですので、気になりましたらぜひお早めに見にいらしてください。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


crepuscule / 鹿の子ニット長袖プルオーバー

 

夏には同じ素材の半袖を散々着たくせに、長袖もまた個人買い。

 

それでも飽きるどころか、試着してみて「やっぱりいい」とニヤニヤしてしまいます。

 

crepuscule のニットには、本当に不思議な魅力があります。

 

 

 

 

 

 

IMG_7608.JPG

 

IMG_7611.JPG

 

IMG_7618.JPG

 

crepuscule / Moss stitch long sleeve

 

Price ¥16,000 + tax

 

Size / Unisex 1 , 2

 

Color / Beige , Charcoal gray

 

 

 

IMG_7619.JPG

 

IMG_7624.JPG

 

IMG_7625.JPG

 

IMG_7581.JPG

 

Tops / crepuscule

 

Bottom / NO CONTROL AIR

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

 

IMG_7596.JPG

 

IMG_7600.JPG

 

IMG_7606.JPG

 

 

 

 

 

crepuscule 定番、度詰め鹿の子ニットのプルオーバー。

 

 

カットソーのようにもスウェットのようにも、自由な解釈で着る事のできる厚さの、タフな素材です。

 

それでいてニット特有の品の良さを備え、大人のデイリーな一枚着に最適だと思います。

 

 

秋口から着られて冬はアウターの中に、そして春と、長いシーズンに渡ってのヘビーユースが確実な一枚。

 

この良さはぜひ皆さまに知って頂きたいです。

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 

 


9年

 

先日この BLOG でも少し触れたように、今日で店をはじめて丸9年が経ちます。

 

これもひとえにいつもご来店くださる皆さまのお陰だと、ただただ感謝するばかりです。

 

 

はじめの数年は一周年毎にその事を謳っていたものですが、いつしかそれもしなくなり、最近ではお客さまに「おめでとう」と言って頂いてから気付くような始末。

 

店を続ける事が、すっかりと生活になったという事なのだろうと思っています。

 

10年目の明日からも特に何も変わるつもりはありませんが、数年後に振り返った時には、良い方向に変わる事ができたなと、そんな風に思えるペースでやっていこうと思います。

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

DIMPLE

 

 

 

 

IMG_7462.JPG

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


VIEILLE

 

装いについて語られる時に使う常套句、お洒落は足元から。

 

この言葉について異論のある訳では無いのですが、最近思う事があります。

 

それは、この言葉は主にフォーマル、とまではいかないとしても少しかしこまって他人と会うような、ある程度きちんとした場面での装いについて言っているのではないかという事。

 

 

普段の装いを楽しむにも、靴はとても重要です。装いは靴で良くも台無しにもなります。

 

でも、普段の装いについて言えば、敢えてチープなスニーカーを履くのが良い時もあったりして、「お洒落は足元から」という言い方から連想する靴に対しての一種の仰々しさのようなものが、何だかしっくりきません。

 

昔と比べてファッションが自由になっている現代では、装いで自分をどのように表現したいのか、それによって様々な選択があると思います。

 

 

しかし繰り返しになりますが、お洒落を楽しむならいつだって靴はとても重要です。

 

靴が合っていなくては、格好良くはなりません。

 

だから、こう言い換えたらどうでしょうか。

 

お洒落は足元「まで」。

 

結局のところ、大切なのは全体のバランス、抜き差しなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

IMG_7349.JPG

 

IMG_7350.JPG

 

IMG_7355.JPG

 

 

 

 

 

そう考えると、「これさえあれば大丈夫」という魔法のような靴はなかなかあり得ません。

 

だから自分達の提案は、それぞれのシチュエーションに合わせた靴を、少しずつ揃えて頂く事。

 

その為に、次々と新しい靴を取り扱うのではなく、スニーカーなら、革靴なら、とずっと変わらずにおすすめのできる靴を集めてきたつもりです。

 

そして今シーズンは、これまで欠けていた部分にピタリとはまる靴をご紹介する事ができます。

 

 

神戸のアトリエで職人の手によって丁寧につくられる靴、VIEILLE(ヴィエイユ)。

 

 

 

 

 

 

IMG_7359.JPG

 

IMG_7362.JPG

 

VIEILLE / Cinq

 

Price ¥24,000 + tax

 

Size / 36 , 37 , 38 , 39

 

Color / Black

 

 

IMG_7365.JPG

 

IMG_7368.JPG

 

 

 

 

 

履き口のカットが特徴的で美しいフラットパンプス Cinq 。

 

フェミニンな装いにはもちろん、男性的な服に合わせてもバランスの取れる靴です。

 

フォーマルでお使い頂ける靴もご用意したいという思いもあり、選びました。

 

 

 

 

 

IMG_7374.JPG

 

IMG_7379.JPG

 

VIEILLE / Douze

 

Price ¥29,000 + tax

 

Size / 37 , 38 , 39

 

Color / Black

 

 

 

IMG_7380.JPG

 

IMG_7383.JPG

 

IMG_7385.JPG

 

 

 

 

サイドゴアを短くしたようなデザインの Douze 。

 

日常的に履きやすく、スニーカーと短靴の中間を埋めるような靴があれば、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

IMG_7389.JPG

 

 

 

 

どちらも足馴染みの良いゴートレザー(山羊革)。

 

ソールはラバー製でとても穿きやすい靴です。

 

 

ブーツの出番まではまだやや月日があります。

 

この秋に新調する一足に、ぜひご検討ください。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


| 1/2PAGES | >>